東北福祉カレッジ BLOG

  • 第2回 介護予防・機能訓練指導員養成講座 IN仙台

    2019/10/20

    第2回 介護予防・機能訓練指導員養成講座を赤門鍼灸柔整専門学校にて開催します
    日時は、2019年12月14日・15日です
    場所は、赤門鍼灸柔整専門学校 国分町校舎

    申し込みは本日から開始しますので、随時承ります。
    平成30年4月から、鍼灸師におきましても機能訓練指導員要件と認められました。しかしながら、従事条件に6か月の介護福祉分野における実務経験が課せられ、スムーズな連携が出来な現状です。この現状を鑑みて、NPO介護予防研究会では厚生労働省と折衝し、通信講座による機能訓練指導員養成に係る認定研修会を開設。終了後、認定証ならびに実務経験証明書の発行を持ち、機能訓練指導員として要件を満たす講座を立ち上げました。
    本講座は、鍼灸師ならびに機能訓練指導員要件の専門職においても技術的支援に繋がる認定研修会となっており、鍼灸師以外の受講の場合は「介護予防・機能訓練指導員養成講座」として12時間通学講習での開催になります
    具体的には、鍼灸師の場合、通学授業12時間+6か月間の実務経験をデイサービスで週1回1時間程度研修し6か月後実務経験証明書+認定研修会修了書を発行します
    鍼灸師以外の柔道整復師、按摩マッサージ師、看護師などの専門職は、通学授業2日間12時間講習となっており、終了後認定証明書の発行となります

    研修会参加時には、専テキスト及び機能訓練指導内容を収めたDVDが付録となります

    本講習会の内容は、業界紙にも取り上げられており、また厚生労働省にも本テキスト及び修了者名簿の提出を行い、鍼灸師などの専門職の技術的支援の向上及び介護予防分野における環境整備に寄与するための講座として年1回本部より報告する予定です

    令和3年度からは、介護予防・日常生活支援総合事業において要支援1.2に加え、要介護1.2も含まれることを検討されており、この分野の市場は大変重要な位置づけとなることは必須です。鍼灸師などの専門職が介護予防の水際で改善を図ることにより、社会保障費の削減及び地域包括ケアシステムの架け橋として必要な専門職と位置付けられると推察します

    鍼灸師などの専門職においては、本研修会修了後、
    1、介護福祉分野で雇用を検討する方
    2、訪問鍼灸などで介護福祉施設と連携し要介護者の支援を検討されている方
    3、介護予防・日常生活支援総合事業の緩和型通所介護サービスを開設し機能訓練指導員としてかかわりを検討されている方
    4、既存のデイサービスを共生型サービスに転換し、接骨院・鍼灸院の施術所を緩和型通所介護施設に転換し既存のデイサービスで要介護者を対応し施術所で軽度者を対応するスキームを検討されている方
    5、卒後、専門職としてどのような事業ができるか研鑽したい方
    上記が対象者となると考えます

    本研修の趣旨に共感いただける方はシュアならびに拡散をお願いします
    022-256-1931

  • 強度行動障害基礎研修の開催

    2019/09/28

    宮城県内の障害福祉従事者に向けて、加算要件の研修が開催されました 9月28日・29日

    強度行動障害支援者養成研修は、基礎・実践の4日間 24時間で行われる厚生労働省して講座です

    講座の開講には、都道府県から毎年2名枠の推薦で指導者研修を国立のぞみ園で受講、その後指導者養成研修修了者が本研修の担当講師となります

    東北福祉カレッジでは、東京都、福島、宮城、山形、岩手で許可を取得

    各圏域の障害者福祉サービスの資質向上及び事業者の視点においては基本報酬のアップにつながる側面があります

    東京都、山形は11月から開始

    岩手県は年内の開催を担当所管行政と調整中です

    次回は、12月、1月の開催が決定しておりますので、早めの受講をおススメします!!!

    12月21日、22日(基礎研修)

    1月18日、19日(実践研修)

    #東北福祉カレッジ

    #強度行動障害支援者養成研修

    #障害福祉サービス従業者支援

  • 介護予防施策の推進に係る活動

    2019/09/27

    9月28日(土)朝刊

    大崎市における介護予防の推進に係る請願内容に関して、大崎タイムスに取り上げられました

    内容としては、軽度者対策と重度者対策の棲み分けに関する請願です

    この取り組みは、仙台市を皮切りに大崎市、富谷市等 県内全域で取り組める環境整備に向けて推進しております

    所管県内の軽度者対策を通しての成果物を、所管する厚生労働省と折衝時に情報提供できればと感じております

    #介護予防

    #総合事業に関する請願書

     

     

  • ロゴ

    生活援助従事者研修 10月開催

    2019/09/26

     

     

    10月22日(火)

     

    9;00~10:00

    1

    多様なサービスの理解

     

    10:15~11:15

    1

    介護職の仕事内容や働く現場の理解

     

    11:05~13:00

    2

    人権と尊厳を支える介護

     

    14:00~15:30

    1.5

    自立に向けた介護

     

    15:45~16:05

    1.5

    介護職の役割、専門性と多職種との連携、介護職の職業倫理

     

    16:20~17:20

    0.5

    介護における安全の確保とリスクマネイジメント、介護職の安全

     

     

     

    10月23日(水)

    9:00~10:00

    医療との連携とリハビリテーション

     

    10:15~11:15

    1

    介護保険制度、障害福祉制度及びその他の制度

     

    12:15~13:45

    1.5

    介護におけるコミュニケーション

     

    14:00~15:30

    1.5

    介護におけるチームコミュニケーション

     

    15:45~16:45

    1

    老化に伴うこころとからだの変化と日常、高齢者と健康

     

     

     

    9月24日(木)

    9:00~10:00

    1

    認知症を取り巻く状況、医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理

     

    10:15~11:15

    1

    認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活、家族への支援

     

    11:30~12:30

    1

    "障害の基礎的理解、障害の医学的側面、生活障害、心理・行動の特徴、かかわり支援などの基礎的知識"

     

    13:30~14:30

    1

    高齢者の日常生活の理解家族の心理、かかわり支援の理解

     

    14:45~15:45

    1

    介護の基本的な考え方、介護に関するこころの仕組みの基礎的理解

     

    16:00~17:00

    1

    介護に関するからだのしくみの基礎的理解、生活と家事

     

     

     

    9月29日(火)

    9:00~10:00

    1

    食事に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護

     

    10:15~11:15

    1

    "快適な居住環境整備と介護、整容に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護"

     

    11:30~12:30

    1

    排泄・睡眠に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護

     

    13:30~14:30

    1

    入浴、清潔の保持に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護

     

    14:45~16:45

    2

    移動・移乗に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護

     

     

     

    9月30日(水)

    9:00~10:00

    1

    死にゆく人に関したこころとからだのしくみと終末期介護

     

    10:15~11:15

    1

    介護過程の基礎的理解

     

    11:30~13:00

    1.5

    総合生活支援技術演習

     

    14:00~15:00

    1

    振り返り

     

    15:15~16:15

    1

    就業に備えと研修修了後における継続的な研修

     

    16:30~17:00

    0.5

    評価試験(修了評価は7割以上とする)

     

    受講費 無 料

    (東北福祉カレッジで経費負担します)

    テキスト代金は、ご負担いただきます。3000円(税別)

    定員 15名 定員になり次第終了

    東北福祉カレッジ:仙台市青葉区小田原4-2-50‐2

    担当 022-256-1931 事務局 池田迄

    修了証:全過程履修し、評価テストに合格された方に修了証明書を発行

    修了後、ヘルパーとして専任登録を希望される方を対象とします。

    生活援助とは、居宅における掃除、洗濯などの限定した業務を行います。

  • ロゴ

    居宅介護職員初任者研修 11月開催

    2019/09/25

     

    関係者各位

     

    居宅(きょたく)介護(かいご)職員(しょくいん)初任者(しょにんしゃ)養成(ようせい)研修(けんしゅう)に

    チャレンジしませんか?

     

     東北(とうほく)福祉(ふくし)カレッジでは、障害者(しょうがいしゃ)の方々がサービスの受け手(う て)としてではなくサービス提供(ていきょう)の担い手(にな て)として、社会(しゃかい)参加(さんか)していくことを目的(もくてき)として、障害者(しょうがいしゃ)の方々(かたがた)を対象(たいしょう)とした居宅(きょたく)介護(かいご)職員(しょくいん)初任者(しょにんしゃ)研修(けんしゅう)を実施(じっし)します

     

    特徴(とくちょう)として、

    当月中(とうげつちゅう)に週(しゅう)3回(かい)程度(ていど)の通学(つうがく)と通信(つうしん)課題(かだい)で研修(けんしゅう)を行います

    少人数(しょうにんずう)体制(たいせい)できめ細(こま)やかな研修(けんしゅう)を行います

     

    この研修(けんしゅう)を受講(じゅこう)し、居宅(きょたく)介護(かいご)職員(しょくいん)初任者(しょにんしゃ)研修(けんしゅう)の資格(しかく)を取得(しゅとく)し、介護(かいご)の現場(げんば)で活躍(かつやく)していただきたいと思います

     

     

     

    東北(とうほく)福祉(ふくし)カレッジ 障害者(しょうがいしゃ)福祉課(ふくしか)

    障害者(しょうがいしゃ)居宅(きょたく)介護(かいご)職員(しょくいん)初任者(しょにんしゃ)研修(けんしゅう)養成(ようせい)研修(けんしゅう)事業(じぎょう)

    ~受講生(じゅこうせい)募集(ぼしゅう)のご案内(ごあんない)・募集(ぼしゅう)要項(ようこう)

    【受講(じゅこう)対象(たいしょう)】

    宮城(みやぎ)県内(けんない)に居住(いじゅう)する障害者(しょうがいしゃ)、健(けん)常者(じょうしゃ)

    高齢者(こうれいしゃ)・障害者(しょうがいしゃ)などの介護(かいご)にかかわる業務(ぎょうむ)に就労(しゅうろう)する意欲(いよく)があること

    原則(げんそく)としてすべての開催(かいさい)日(び)に参加(さんか)でき、研修(けんしゅう)場所(ばしょ)に通える(かよ    )こと

    【研修(けんしゅう)内容(ないよう)】

    居宅(きょたく)介護(かいご)職員(しょくいん)初任者(しょにんしゃ)研修(けんしゅう)

    【会場(かいじょう)】

    青葉(あおば)区会場(くかいじょう):希望(きぼう)の華(はな)咲く(さ )2号館(ごうかん) 研修室(けんしゅうしつ)(仙台市(せんだいし)青葉区(あおばく)小田原(おだわら)4‐2-50‐2)

    開催(かいさい)日(び):令和(れいわ)元年(がんねん)11月(がつ)(週(しゅう)3回(かい)) 計13日間通学

    第1週:6日㈬、7日㈭、8日㈮         第2週:13日㈬、14日㈭、15日㈮

    第3週:20日㈬、21日㈭、22日㈮ 第4週:26日火、27日㈬、28日㈭

    【募集(ぼしゅう)人数(にんずう)】

    青葉(あおば)区会場(くかいじょう) 15名(めい)

    応募者(おうぼしゃ)多数(たすう)の場合(ばあい)は先行(せんこう)となります。

    【費用(ひよう)】

    無料(むりょう)。(ただし、受講(じゅこう)に必要(ひつよう)テキスト代金(だいきん)、交通費(こうつうひ)、食事代(しょくじだい)などについては、参加者(さんかしゃ)の負担(ふたん)となります)テキスト(てきすと)代金(だいきん):5400円(税(ぜい)別(べつ))

    【受講(じゅこう)申込(もうしこみ)】

    令和(れいわ)元年(がんねん)10月(がつ)25日(にち)㈮までに受講(じゅこう)申込書(もうしこみしょ)を東北(とうほく)福祉(ふくし)カレッジ(かれっじ)青葉区(あおばく)会場(かいじょう)に持参(じさん)または郵送(ゆうそう)により提出(ていしゅつ)ください。

    【選考(せんこう)】

    応募者(おうぼしゃ)多数(たすう)の場合(ばあい)は、選考(せんこう)を行います(おこないます)。

    【事前(じぜん)説明会(せつめいかい)】

    日時(にちじ):令和(れいわ)元年(がんねん)11月(がつ)5日(にち)(月(げつ))10時(じ)00分(ふん)~11時(じ)00分(ふん)

    場所(ばしょ):希望(きぼう)の華(はな)咲く(さく)2(2)号館(ごうかん) 研修室(けんしゅうしつ)(仙台市(せんだいし)青葉区(あおばく)小田原(おだわら)4‐2-50‐2)

    【受講(じゅこう)決定(けってい)】

    受講者(じゅこうしゃ)多数(たすう)の場合(ばあい)は、東北(とうほく)福祉(ふくし)カレッジ(かれっじ) 障害(しょうがい)福祉課(ふくしか)で決定(けってい)させていただきます

    受講会場(じゅこうかいじょう)についても、調整(ちょうせい)させていただく場合(ばあい)がありますのでご了承(ごりょうしょう)ください

    【修了(しゅうりょう)の認定(にんてい)】

    全科目(ぜんかもく)、前次官(ぜんじかん)受講(じゅこう)した方(かた)に筆記(ひっき)試験(しけん)による修了(しゅうりょう)評価(ひょうか)を行い(おこない)、合格(ごうかく)した方(かた)に修了(しゅうりょう)証明書(しょうめいしょ)を交付(こうふ)します

    【申し込み先(もう こ さき)】

    東北(とうほく)福祉(ふくし)カレッジ障害(しょうがい)福祉課(ふくしか)

    〒980-0003

    仙台市(せんだいし)青葉区(あおばく)小田原(おだわら)4‐2-50‐2

    090-9104-2698(中川(なかがわ))

    【会場地図】

     

    【受講生(じゅこうせい)からよくある質問(しつもん)】

    質問(しつもん) 「居宅(きょたく)介護(かいご)職員(しょくいん)」って何(なに)をする人(ひと)?

    回答(かいとう)1 高齢者(こうれいしゃ)や体(からだ)の不自由(ふじゆう)な人(ひと)のお手伝い(おてつだい)をします

    回答(かいとう)1 調理(ちょうり)、掃除(そうじ)などの家事(かじ)や介護(かいご)の仕事(しごと)です

    質問(しつもん) 「介護(かいご)」って何(なに)?

    回答(かいとう)2 高齢者(こうれいしゃ)や体(からだ)の不自由(ふじゆう)な人(ひと)のお手伝い(おてつだい)をすることです。

    質問(しつもん) どんな勉強(べんきょう)をしますか?

    回答(かいとう)3

    講義(こうぎ)(話(はなし)を聞いて(きいて)の勉強(べんきょう))

    演習(えんしゅう)(介護(かいご)の方法(ほうほう)を練習(れんしゅう))

    通信(つうしん)(教科書(きょうかしょ)を見ながら(みながら)問題(もんだい)を解く(とく))

    #居宅介護職員初任者研修

    #東北福祉カレッジ

< 12 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >